サイト内検索

入所基準

保育所入所のご案内

保育所は、児童の保護者が仕事をしている、病気である、病人の看護をしている等の理由で、児童を保育できない場合に保護者に代わって日々保育する児童福祉施設です。
 

※「保育に欠ける事情」の程度によって、あるいは保育所の店員に余裕がないときなど入園出来ない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

保育所へ入所できる基準

児童の保護者が、下表の入所基準のいずれかに該当し、児童を保育することができないと認められる場合であって、かつ、同居の親族その他の者が児童を保育することができない場合に限られます。

入所基準

 

保育できない事情

認定区分

認定・入所期間

就労

日常の家事以外の仕事をしている場合

※フルタイムのほか、ハ゜ートタイム、夜間、居宅内の労働などを含む

就労時間による

最長3年間(就学前)

(認定は3年間だが、事由継続の場合就学前まで延長できる。以下同じ)

求職活動

求職活動を継続的に行っている

場合(就労内定を含む)

保育短時間

3か月

※期限内に勤務証明が提出された場合最長で3年間とする)

育児休暇取得

中の継続利用

育児休業取得中に、既に保育を利用している児童がいて継続利用が必要な場合

保育短時間

生まれた児童が1歳を迎える

年度の3月末まで(予定)

妊娠・出産

妊娠中であるか、出産後間もない場合

保育標準時間

出産前:予定月の前2カ月

出産後:出産月の後2カ月

就学

学校又は職業訓練校に在学している場合

就学時間による

最長3年間(就学前)

病気・障がい

病気、負傷、心身に障がいがある場合

申請内容による

病人の看護等

同居の親族(長期間入院等をしている場合も含む)を介護又は看護している場合

申請内容による

災害復旧

震災、風水害、火災等の復旧にあたる場合

保育標準時間

虐待・DV

虐待やDVのおそれがある場合

保育標準時間

その他

上記に類する状態にある場合

申請内容による

 

※入所選考について

 入所については入所選考を行います。入所選考は、児童の家庭状況等から保育の必要性が高いとみなされる児童から入所を決定します。

(例)就労であれば就労時間・日数が選考の対象となり、多いほど保育の必要が高いとみなします。また両親不在、ひとり親世帯、近隣に保育できる親族がいない、兄や姉が在所している保育所を希望している場合など、総合的な家庭状況から選考を行います。

○その他留意事項

 ・住所、保護者名、児童名などに変更があった場合は、必ず連絡してください。

 ・保育所(園)を退所するときは、保育所に相談の上、事前に保育所退所届を福祉政策課へ提出してください。

 ・入所後においても、入所基準に該当しなくなった場合は、必ず保育所退所届を提出してください。

 ・保育所退所届がない場合でも、家庭内保育可能と認めた場合は、保育の実施の解除を行います。

 

 

お問い合わせ
福祉政策課

〒636-8501
奈良県北葛城郡河合町池部1丁目1番1号
電話:0745-57-0200
ファックス:0745-57-2027