サイト内検索

河合町消防団

所在      奈良県北葛城郡河合町池部1丁目1番1号

電話      0745-57-0200

設置年月日 昭和22年6月1日

管轄面積   8.23平方キロメートル

 

経緯

・本町の消防は、大正14年勅令により、それまでの各集落ごとに独立していた消防組を4分団として統合する。

・第1分団(川合、長楽)、第2分団(大輪田、城内、薬井)、第3分団(山坊、佐味田)、第4分団(池部、穴闇、西穴闇)の4分団が、河合村警防団として発足した。

・昭和22年、自治体消防団の発足に伴い、団員の定数200名と定め、河合村消防団として組織する。

・昭和46年町制施行に伴い、河合町消防団と名称を改称されるが4分団体制を維持した。

・昭和61年12月に団員数200名より186名となり現在に至る。

・平成24年4月1日より女性分団(町内在住の女性)を結成し、5分団体制となる。

管轄地域

 

区分 管轄地域
第1分団 市場、城古、長楽、泉台
第2分団 大輪田、城内、薬井、星和台、広瀬台、中山台
第3分団 佐味田、山坊、久美ケ丘、緑ケ丘、彩りの杜
第4分団 池部、穴闇、西穴闇、高塚台、西山台
女性分団 町内全域(予防・啓発等)

 

装備

・昭和29年に機動力強化のため、第4分団に3輪自動車ポンプを導入したのを始め、昭和39年に各分団に小型動力ポンプを配備する。

・現在主要装備として、ポンプ車5台、小型動力ポンプ付積載車7台、工作車を有している。

設備

・消防水利として溜池、河川等を利用していたが、昭和33年から計画的に防火水槽や消火栓の整備を進める。

・現在は、消火栓453箇所、防火水槽60箇所を保有している。

目的

・消防団は「予防消防」を最も重要と考え、自治会等に働きかけ毎年消火訓練を実施するなど、住民の防火予防知識の高揚と思想の普及に努めている。

・団員教育、訓練の重要性も認識し、ホース延長から機械操作に至るまで、、幹部役員が適切に指導し、技術の向上に努め、団員の資質の向上、規律士気の高揚を図っている。

河合町消防団写真

河合町消防出初式

河合町消防出初式開催

団旗、表彰旗、分団旗入場

河合町消防出初式

河合町消防出初式分列行進

 

河合町消防出初式

河合町消防出初式放水

河合町消防出初式

北葛城支部連合出初式

北葛城支部連合出初式

北葛城支部連合出初式開催

連合出初式放水
北葛城支部連合出初式放水

お知らせ

奈良県内で、真鍮製の消火用ホースの筒先(ノズル)等を狙った窃盗事件が連続発生しています。

まず、異常がないか確認してください。

不審な車両や人物を見かけた方は、直ちに『110番通報』をお願いします。

お問い合わせ
安心安全推進課

〒636-8501
奈良県北葛城郡河合町池部1丁目1番1号
電話:0745-57-0200
ファックス:0745-56-4007