令和3年1月

1月22日(金) 町行財政改革に関する提案プレゼンテーション

7月に設置した行財政改革検討会議の若手メンバーから、提案に関するプレゼンテーションが開かれました。

私は一足先の先週、会議を代表して監査委員の青木代表から提言書を受け取りましたが、本日は、役場の課長以上に対して『臨時部課長会議』を招集しました。

20210122gyouzaiseiPJ1

17の提言について5名の若手職員メンバーから概要説明を受けました。

これまで職員のなかでもぼんやりしていた課題を浮き彫りにし、事務の改革などについてもクリアにしていくことで、実現可能だということを実感できました。県から出向いただいている参事からも「この提案に載っているということは、今まででもやってきたと思っていたのに解決できていないということです」と、厳しい発言もいただきました。

20210122gyouzaisePJ2

行財政改革検討会議の構成員の皆さん、ご苦労さまでした。そして、ありがとうございます。

会議に参加した部長、次長、課長がこの提言の中の担当業務について、実施可能なことはすぐにでも取り入れていくよう、私も、副町長も、教育長も、幹部職員に発破をかけました。

役場内部でも、大なり小なりの改革は必要だと多くの職員が思っています。住民サービスの質を落とさないよう注意しながら、「やれることからやっていく」を推進していきます。

17の提言については、以下のページリンクからご覧ください。

1月19日(火) 新型コロナウイルス感染症ワクチン接種対策本部

本日、令和3年1月19日付けで、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種対策本部を設置しました。これは町新型コロナウイルス感染症対策本部内の組織として、全庁横断で事業にあたります。

まだ、ワクチンの許認可や国の方針は確定していませんが、決定後、速やかに対応できるよう、システム構築から施設の検討、人員配置の確保等、準備や対策に当たります。

日々、発表される感染者数は増加しています。医療機関のキャパシティも限界が近づいている、あるいは限界を超えているといわれています。

当町においては町民のみなさんの【新しい生活様式】への対応により、感染拡大にはならず、微増となっています。一人ひとりが継続して感染対策をすることが何よりも大切です。

みんなで乗り越えましょう!

1月14日(木) 行財政改革に関する提言

昨年7月に県から出向いただいている参事や若手職員を中心に構成した行財政改革検討会議を設置しました。この会議では、約半年にわたり町が抱える行財政の課題や問題を考え、忌憚のない意見を出し合って議論を重ねてきたことの報告、これからの河合町のための取捨選択等、行財政改革に関する提言を受けました。

提言は、これまで約半年間の議論を経て作成されたもので、行財政全般に関する17項目の内容となっています。

すぐに実行可能なものから皆さんのご理解を得たうえで進めなければならないものまで、多岐にわたるものがありました。今後、幹部職員に指示し提言に基づく改革を進めてまいります。

詳細は後日ホームページに掲載予定です。

 

1月13日(水) コロナ禍での交通事業者支援

20210113kinkiunnyunara

本日は近畿運輸局奈良支局長澤島氏から「コロナ禍での交通事業者の支援について」のお話がありました。

コロナ禍で、観光バスの利用が激減したり、出かけることが減っていたりと事業者の皆さんも大きな打撃を受けている中、河合町が町民限定で配布している「すな丸地域振興券」がタクシー等にも利用されていて業者さんにも大変喜ばれていると聞きました。澤島氏は河合町在住のため、町内の事業所の方からのこのような情報が入ったのでしょう。

すな丸地域振興券は河合町民が河合町内の商工業を活性化させるための経済の仕組みでもあります。利用者にも利用される側にもメリットがあるのだと実感でき、喜ばしく思いました。

貸し切りバスでの移動で遠足などの感染リスクを低減する等、今後の「withコロナ」では様々なことを考えていかなくてはいけません。

個々の感染対策と並行して、これからのwithコロナを考えるきっかけになりました。

1月10日(日) 成人式

R03seijinshiki1

新成人のみなさん、成人おめでとうございます!全国的に新型コロナウイルス感染症が拡大する中、対策本部会議を開いたり担当課ではできる限りの対策を考えたり、新成人代表の実行委員のみなさんでコロナ禍での内容を熟慮してもらったりと、様々な対応の中、式典が開催されました。

R03seijinshiki2

式典終了後、新成人の皆さんが会場を後にしてから、実行委員の皆さんとお話する時間をいただきました。

式典の祝辞でも触れましたが、今年成人式を迎えた皆さんは私が河合第一小学校校長として送り出した最後の学年です。また、河合第二中学校に赴任していた頃の生徒の子どもさんが成人を迎えられるなど、その場に町長として臨席できたことは、とても嬉しいことです。

まだ幼かった皆さんとの思い出が私の脳裏にもあり、皆さんと談話をしている間にも当時のことが次々と思い出されました。

実行委員のみなさんからも、こんな声をいただきました。

・実行委員をしてみて改めて町内のことに目を向けると「そんなことしてたんや~」ということがたくさんあった。

・SNSの発信をもっと!(ツイッターやインスタをもっと活用したほうがいい)

・馬見丘陵公園など、町内には魅力あるところがたくさんある。もっとたくさんの人に知ってほしいし、#ハッシュタグでいろんな人が情報発信しやすい雰囲気や、インスタ写真コンクール的なものをやってみるとか、楽しく参加しながら情報発信になる方法も考えられる。

・(2中出身者)中学校の校内行事がすごく充実していた。高校も行事が充実していると謳っている学校だが、物足りないと思うくらいの熱量だった。小中時代の思い出がたくさんで河合町が好き。もっともっと町を自慢していきたいくらい。

・中学の先生がとてもよく自分たちを見ていてくれた。部活以外での自分の才能や進路を見出してもらって高校ではその競技で県内優勝できた。ほんとうにありがたいと思っている。

・学校帰りに「もっと町を知りたい」と探検した小学校時代。そのくらい町は安全で楽しいところ。そんな中で1中グランド裏からの夕方の景色がすごくきれい!と発見したり、子どもながらにこの町が好きだった。もっとみんなに知ってほしい。

 

ハタチの皆さんからの「河合愛」、しっかりと感じて受け取りました。

情報発信など、できることは参画できると頼もしい笑顔でうなずいていただき、私が常に言っている「温かいまち」河合町はちゃんと息づいていることを実感した日でした。

1月9日(土) 河合町消防出初式

R03dezomeshiki

本年も新春の消防団出初式が行われました。

新型コロナウイルス感染症対策で、これまでのように全団員がグランドに集合するのではなく、団員も人数を絞り、恒例の中山田池公園での放水もなしとなりましたが、町を守る決意を感じました。

1月6日 第8回新型コロナウイルス感染症対策本部

国が一都三県に緊急事態宣言を出すかもしれないほどの新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、本日、第8回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催しました。

・国の動向

・予定されているワクチン接種

・町行事の対応

・町でできること

・第三次の臨時交付金

などについて、話し合いました。

特に現在未認可のワクチン接種については医療関係者の人員や場所の確保等、普段の業務と並行して実施するためにあらゆる機関で課題が多くあります。できる限りの対応をしていきますが、町民一人ひとりの行動が一番の拡大防止につながります。ご協力をお願いします。

1月4日 謹賀新年

20210104nengasuna

新年あけましておめでとうございます。

本日は、仕事始め式がありました。

仕事始め式は新型コロナ対策もあり、課長以上のみの出席となりましたが、私も町長選挙に出馬を決めたときのことを思い返し、新たな思いで日々に臨むことを幹部職員に伝えました。

寒さが厳しくなってから、新型コロナウイルス感染症が拡大しているのが気がかりです。感染拡大を防止するには、一人ひとりの心がけと行動がとても大切です。「自分くらい」「ひとりくらい」「このくらいは大丈夫だろう」ではなく、「もしかしたら自分が感染しているかもしれない」「うつらない、うつさないように」そう思って暮らしていかなければならないのだと、痛感しています。

本年もよろしくお願いいたします。

お問い合わせ
政策調整課

〒636-8501
奈良県北葛城郡河合町池部1丁目1番1号
電話:0745-57-0200
ファックス:0745-56-4007