【国民健康保険】新型コロナウイルス感染症の影響に係る傷病手当金の支給

更新日:2021年06月30日

新型コロナウイルス感染症に感染した(発熱等の症状があり感染が疑われる場合を含む。)被用者に対して、傷病手当金を支給します。

背景

新型コロナウイルス感染症対策においては、労働者が感染した場合(発熱等の症状があり感染が疑われる場合を含む。)に休みやすい環境を整備することが重要であることを受け、河合町において感染拡大防止の観点から国民健康保険(以下「国保」という。)の被保険者の被用者に対して傷病手当金を支給するものです。

対象者

(1)国保の被保険者(給与等の支払いを受けている被用者に限る)

(2)令和2年1月1日から令和3年9月30日までの間に新型コロナウイルス感染症に感染(発熱等の症状があり感染が疑われる場合を含む。)し、労務に服することができなかった者で、給与等の全部又は一部を受けることができなかった者

(1)、(2)の両方に該当される方が対象となります。

支給額

支給額 = 1日当たりの支給額 × 支給対象となる日数

※1 1日当たりの支給額 = (直近の継続した3月間の給与収入の合計額 ÷ 就労日数)× 2/3

※2 支給対象となる日数

労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することができない期間のうち就労を予定していた日。

※3 1日当たりの支給額が標準報酬月額等級の最高等級の標準報酬月額の1/30に相当する金額の2/3に相当する金額(令和2年3月現在、日額30,887円)を超えるときは、その金額。

申請方法

役場住民福祉課にて以下の申請書類を記入押印のうえ、提出してください。

提出用(1)~(4)の申請書については、役場住民福祉課5番窓口で配布、もしくは以下よりダウンロードできます。

また、これらの方法により申請書を入手できない場合は、役場住民福祉課に連絡いただければ郵送いたします。

提出用

記入例

支給例

パート勤務の国保加入者のAさんは発熱等が続き、新型コロナウイルス感染症の感染が疑われるため、令和2年4月10日から令和2年4月19日までの10日間、仕事を休んだことにより一部給与が支給されませんでした。直近3月間の給与収入は1月は9万円、2月は8万円、3月は10万円の場合、Aさんの傷病手当金の支給額は以下のとおりです。

1.直近3月間の給与収入の合計額

9万円 + 8万円 + 10万円 = 27万円

2.直近3月間の賃金発生日数

9日 + 8日 + 10日 = 27日

3.1日当たりの収入

27万 ÷ 27日 = 1万円

4.1日当たりの支給額

1万円 × 2/3 = 6,667円(1万円 < 30,887円(※3より))

5.支給対象となる日数(傷病のために休んだ日数)

10日 - 3日 = 7日

6.傷病手当金支給額

6,667円 × 7日 = 46,669

この記事に関するお問い合わせ先

住民福祉課

〒636-8501
奈良県北葛城郡河合町池部1丁目1番1号
電話:0745-57-0200
ファックス:0745-58-2010